木の家を建てるために必要な情報が集まっています

【なぜ木の家を建てるのか】森へ入り、森の現状を見ると、なぜ木を使わなければいけないかを実感します。木の家を専門に取り扱う工務店として、管理された森や放置された森にの違いを見て、日本の森について考えていただきたいという想いです。ただ生い茂った森が何を意味するのか。森の恩恵とは?エネルギーとは?循環とは?製材工場からプレカット工場では、丸太から家の材料になるまでの過程を見学できます。1本1本が何十年と生きてきた木を、その地域で使う意味。原点を感じます。50年~65年生の杉丸太が積み上げられている様子を見ると、「木を使う」までにどれだけの時間と労力が掛けられているかを、改めて感じさせてくれます。一番伝えたい「森を守る」こと。雨にも負けず、多くのお客様にご参加いただきました。森を守る→まず現実を知ること。環境を守る→まず現実を知ること。地域工務店の私たちが出来ること、日本の木を使うこと。家を建てるわたしたちができること、日本の木を使うこと。木を使うことは森を守ること。林業の視点。地域経済の視点。工務店の視点。お客様の視点。視点を変えれば平面から立体となるようなこと。私たちにできることは木を使うことであり、表現することだと思います。なぜ国産材にこだわる必要があるのか。本当に良い木の家とは。自然な暮らし、環境に優しい暮らし、未来に(子供に)優しい暮らし。
【建て替え需要】最近、家の建替えをご計画されているお客様が多いという印象を持ちます。先日も建替えのご計画をされているお客様の家を見に行きました。30年くらい前からの団地でしょうか?近くに幼稚園や学校・病院などもあり、閑静な住宅が並ぶとても風情のある町並みです。「〇〇ヶ丘」という名前の地域には感じるものがあります。日本が高度経済成長のときに家の需要が急上昇し、核家族化が進み、LDKという家の間取りの考え方が広がった時代の町。という印象を持っております。築20年~30年といった家が多いという感じですね。
【原木の運搬】いつも原木の運搬をお願いしている鍵谷さんがやってきた。製材工場からいくらもかからない近くに住んでいて昔からのなじみの人。いつもぶっきらぼうだけれど、頼んだ仕事は即座に済ませてくれる頼もしい人でもある。今日もいとも簡単に大型車いっぱい分を降ろしてしまう。ご本人が立っているところが、トラックの荷台の上、わかるでしょうか?そこから一発で降ろす!スゴイ音!!ワイヤーで絡げたままの原木が二つゴロンと転げて・・・何もなかったかのようなのが、ちょっとおかしい。
PR:岐阜の不動産SHOP英語上達の秘訣童話内職 アルバイト生命保険の口コミ.COM生命保険の選び方サプリメント初値予想貯蓄SEOアクセスアップ相互リンク集健康マニアによる無病ライフ女性向けエステ.comJALカードクレジットカードの即日発行じゃけんお家の見直ししま専科マッサージのリアル口コミ.com