月別アーカイブ: 2018年1月

左官の現場

昨日の左官塗工事の様子。まずは下塗りです。プラスターボードの目地をメッシュで埋めて漆喰を塗ります。小手をくるくると回しながら、壁と天井との取り合い部分の形に合わせて使い分けます。吹き抜け部分の壁って、けっこう大変なんですよ。左官塗り職人さんは常に「もっと良い塗は無いか?」と自問しながら仕事しています。現場で職人さんと話をするとけっこう面白い話が聞けますよ。大垣のT様の現場です(木曜日の様子)外装は東側の壁に木格子が入ります。それがこの家のアクセントになるのは間違いなし。「おしゃれ」「町屋」「こだわり」様々な要素を含んでいます。今から楽しみです^^さてさて内装は、左官さんが下地を塗っていました。内装だけで2週間ほど作業時間がいるそうです。匠の会の中でも職人歴の長い職人さん!御苦労さまです。下地に使っているのは四国化成の「カーボンプラスター」材料は炭素繊維です。体に害のあるものではなので、安心ですね。プラスターボードに点々と塗られている丸い点はビスを打ったことでできる凹んだ部分を埋めています。こうすることで漆喰で仕上げたときの凹みがなくなるそうです。見えないところで、見えない工夫や手間をかけているからこそ、白くてきれいな漆喰の壁が出来上がるんですね。PR:岐阜の不動産SHOPで土地探し