人と環境にやさしい家づくり

「人と環境にやさしい家づくりセミナー」を開催しました。愛知で木の家を建てるお客様に、伝えたいことをお話ししています。テーマは「パッシブソーラーハウスに暮らす」です。パッシブソーラーハウスの暮らしとはとても深い意味があります。日本の住宅の歴史をさかのぼらなくては説明が難しいもので、現代住宅の問題点なるものをしっかりと解決し、住まう人が健康でいられる家の話です。自然素材で家を建てれば「健康住宅」か?高気密・高断熱住宅は良い家か?なぜ24時間計画換気の法律が出てきたか?なぜシックハウスの問題が出てきたか?・・・・さまざまな角度から切り込んだ話をさせていただきました。こういった家づくりのセミナーは、対象としているお客様を絞ってはおりません。家づくりを計画している・土地を探している・間取りを考えている・資金相談をしたい などどのタイミングでも知っていただきたい内容にしております。大工さんに聞くと、この現場はとても難しかったそうです。イレギュラーなことが多く対応するのが大変だったとか。大工さんの苦労や優しさが詰まったこのモデルハウス。大切に使わなくてはいけませんね。新聞を読むことをスタートしました。